上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






久しぶりにDVDを借りて面白かったので記録。

ルビー・スパークス [DVD]ルビー・スパークス [DVD]
(2013/04/24)
ポール・ダノ、ゾーイ・カザン 他

商品詳細を見る


劇場公開のときからずっと見たかったRuby Sparks!
設定そのものにはリアリティはないのですが、男の子の草食系っぷりも程よく好みで(私の)女の子もめちゃキュートで、うまくいって欲しいなーって思いながら見てました。この二人は現実でもカップルなのだそう。
ひそかに両親にアネット・ベニングと アントニオ・バンデラス。濃ゆい。
話もなかなかよく出来ていて、大人のファンタジーって感じです。最後に希望があるのがよかった。
こういうのって最後、変な余韻残すの多いじゃないですか?
これは見たあとハッピーな気分に慣れる映画でした。
主人公の女の子(ゾーイ)が脚本を書いているそうです。かわいいだけじゃない!



テイク・ディス・ワルツ [DVD]テイク・ディス・ワルツ [DVD]
(2013/03/02)
ミシェル・ウィリアムズ、セス・ローゲン 他

商品詳細を見る


こちらも設定は非現実的。
だって一人で旅行行って知り合った青年が格好よくっていきなり独身でフリーでいきなり相思相愛になっちゃって、実ははす向かいに住んでたとかってありえないじゃないですか。
そんな無茶な設定なのだけど、ほかの部分が妙にリアリティがあって映画としては楽しめました。

たとえば自宅でのトイレのシーンとか、ジムの女子ロッカールームとか、びっくりするほどそのまんまです。それでもいやらしさは無く、全体の色彩がとってもきれいだし、町並みやインテリア、着てる洋服なんかがいちいちかわいいんです。あくまでも普段着でリアリティがある素敵さ。
主人公はミシェル・ウィリアムズって私今まで知らなかった女優さんなのですが、きっとこの映画の雰囲気は彼女によるものでもあるんじゃないかと思います。

そして脚本も秀逸。二人がデートの後別れがたくって言うせりふとか、くー!となっちゃいました。
思わず巻き戻してメモったけど・・・よく考えたら使うあても無いせりふでしたわ。
(Script全部載ってるページ発見(英語)。→☆)


***

ほかにストロベリーナイトとかモテキとか邦画も面白いのありますねー。
なかなか映画館にはいけないけど、たまに現実逃避できてナイスです。
あ、この夏次女とモンスターズユニバーシティは見に行きました^^
スポンサーサイト





最近買った本の記録。
ここのところ本に関してはお財布の紐がちょっと緩んでいて・・・
図書館にも行くのですが新しい本は待てなくなっちゃって。

手の女(ひと)~買えば何でもあるのに、なぜ、あなたはつくるのですか~手の女(ひと)~買えば何でもあるのに、なぜ、あなたはつくるのですか~
(2013/02/21)
伊藤まさこ、根本きこ 他

商品詳細を見る


こちら本屋さんで手にとって見れなくってどうしようか悩んだんですが
多分買うだろうなと思ったので。
パターンはシャツだけなんですがいつかはMPLのシャツ縫ってみたいと思っていたのでえいやっと。
着丈が短いようなのでちょっと長くすると思います。襟なしのアレンジも素敵だったなぁ。
麻で仕立てている方が多かったですが、やっぱシャツはコットンでしょ。と妄想中。いつになることやら。
パターン以外の文章は、確かに読み応えはあったけれど、私にとってはそんなに感銘を受けるような内容ではなかったです。特に大ファンって人もいないし、雑誌程度の内容かと。。。
でもお裁縫する人なら、これを読むと自分も「どうして縫うのですか」について語りたくなることでしょう。
ちなみに写真はとても素敵ですよ。

きょうの猫村さん 4 (マガジンハウス文庫)きょうの猫村さん 4 (マガジンハウス文庫)
(2013/01/17)
ほし よりこ

商品詳細を見る


こちらは猫村さん。
文庫本しか買わないと誓っているのでもう進みが遅い遅い。
いいよねー。猫村さん。これ読んだ直後はついつい「~なさいな」って口調になっちゃう。

内臓とこころ (河出文庫)内臓とこころ (河出文庫)
(2013/03/05)
三木 成夫

商品詳細を見る


これはまだ読み始めたばかり。
子育てに役立てようと言うより純粋に体の仕組みに興味があったのです。
単行本の方を図書館で予約したのだけれど待ちきれなくて。
今は母乳育児をした方が唇の感覚の発達にいいとか、胃と膀胱のしくみについて読んだところです。
講演の内容を書き起こしたみたいで、読みやすいと言えば読みやすいかな。





こんなの聞いてます。

まずはアジカン!
このアルバムを聞いた後でも、ソルファとマジックディスクが一番好きって言うと思うけど、でも常に変わり続けている事も含め、大好きです。
311の直前に行ったライブの事を思い出すときゅーんと切なくなる。
(知らない方にはなんのこっちゃですね。お許しを。好き過ぎてつい。)

ランドマークランドマーク
(2012/09/12)
ASIAN KUNG-FU GENERATION

商品詳細を見る


お次は待望の復活 Ben Folds Five (BF5) !!!
Ben単独の作品も大好きだけど、このやんちゃな感じがやっぱりBF5なんだなぁ。
実は2月に来日するのでライブ行くのです。楽しみー。

Sound of the Life of the MindSound of the Life of the Mind
(2012/09/18)
Ben Folds Five

商品詳細を見る


トリオさん。
最近テレビに出ることも多いのでご存知の方も多いでしょうね。
このWhiteは、ほかのアーティストとのコラボ曲を集めたアルバム。
これだけいろんなアーティストと一緒になって化学反応を起こせるのってすごい才能だなって思います。

WhiteWhite
(2012/09/19)
大橋トリオ

商品詳細を見る


こちらはカバー集第三弾。
BF5の名曲Brickが入ってると聞いたときは大興奮でした。
カバーも言ってみれば他のアーティストとのコラボですよね。以下同文。

fake book IIIfake book III
(2012/03/21)
大橋トリオ

商品詳細を見る


トリオさんのシングルカットはほとんどYouTubeで聞け(見れ)まーす。



前にも紹介したDadaD。
相変わらずのキャッチーさです。
これは夏に聞くのが気分かなぁ。と勝手に思ってます。Kateちゃんのヴォーカルが爽やかで。

mission passionmission passion
(2012/06/27)
DadaD

商品詳細を見る


あとは、、Blogでは紹介してなかったRoyくん。
Hip Hopはぜんぜん詳しくない私ですが勝手に書かせていただくと、何だかさわやかな感じなんですよ。
だからすんなり受け入れられました。
恐らく個人的に声が好きなんだと思われる。

あっちとこっちあっちとこっち
(2011/05/04)
環ROY

商品詳細を見る


音楽はほとんど通勤でiPodで聞くのみ。家ではほとんど聞きません。
さー好きな音楽iPodにつっこんで、これで通勤頑張るぞ。





The Best Imitation of Myself: A RetrospectiveThe Best Imitation of Myself: A Retrospective
(2011/10/11)
Ben Folds

商品詳細を見る


3枚組みのベストアルバム。BenのソロだけでなくてBen Folds Fiveの新譜も入ってるし!
初めて聞いた頃の事を思い出したり、やんちゃなBenも、しっとりした曲もしみじみ好きだなぁと。

手っ取り早くiTunesで...と思ってたのだけど見つからず、アマゾンで輸入版CDを購入。
結果的にはそれでよかった。ジャケが笑えたから~^^


LL
(2011/12/07)
大橋トリオ

商品詳細を見る


トリオさん。
こちらは二枚組ではなく(なんでだろう...)LとRに分かれているので私はLから聞いています。
一気に聞くのは何だかもったい気がして。

暖かい部屋で編み物しながら聞きたいな。
いつだってトリオさんの歌声は、寒い静かな冬の日に穏やかに響いてくるイメージなので。


RR
(2011/12/07)
大橋トリオ

商品詳細を見る


Rはまだのお楽しみ。
でもHPで試聴し倒しておりますが^^



Dear piano men, your songs are vital for me ... Thank you.





いつも楽しみにしている読み物。

DSC_1314-1.jpg

震災後、募金先を決めかねていて2ヶ月ほど経った頃
我が家は毎月引き落としでユニセフに寄付をしているので、この冊子が送られてきました。

あ、そうだった。
世界にはこんな悲惨な状況にいる子供達がいるんだと、はっとしました。
そしてユニセフは今年の震災で半世紀ぶりに日本に支援を行ったと書いてありました。
その事実を知ってまた、いろんな事を考えます。

DSC_1318-1.jpg

こちらは朝日新聞の日曜朝刊に、月2回入ってくる別刷りの記事です。
新聞はあまり熱心に読まない私でも(汗) どの特集も興味深く読んでいます。
これだけはいつも次の号をわくわくして待ってます。

こちらも少し経ってから震災の記事がメインになっています。
世界から見た日本。日本以外にも津波の被害にあった国々。自分が見失っていた視点に気づかされます。

で、今調べたらWebサイトでほとんどの記事がバックナンバーで読めるじゃないですか~
嬉しいな。
紙もののほうがやっぱり読んだ実感があって好きですけどね。目に入ってくるものも違うし。

The Asahi Shinbun GLOBE

ここのところ読みたいと思うものが途切れなくあるので、時間が無いなりにも充実した活字ライフです。
今は辺見庸さん(前の記事で「もの食う人々」で紹介した)の図書館で借りた本と、手持ちの村上春樹さんの旅行記を読んでます。
通勤電車では「海辺のカフカ」。パンダキーホルダー欲しさに買っちゃったので~。






| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Nina-Radio, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。