上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






次女が体調を崩すと引っ張り出してくるゾウさん。

DSC_0074-1.jpg

喘息の発作が起きて近所のかかりつけ医にかかって吸引して、だいぶ落ち着いてこんなのんきな写真を撮っていたのですが
あっという間に発作がひどくなり、1年ぶりの入院となってしまいました。

本日めでたく退院。今回は7泊、長かった・・・。

DSC_0054_20101029224844.jpg


....Read more
スポンサーサイト





DSC_0075-1.jpg


とあるお店で見た素敵な後ろ開きのすっきりとしたブラウス。
パターンさえあれば作れそうな感じだったのですがイメージどおりのものが見つからず、
あの本のあのブラウスの襟を取って、台襟分を見頃にプラス、襟はバイアス処理に変更、
さらに前開きを後ろ開きに変更、裾はゴムとか紐とか通したくなくて、ギャザー寄せてベルト処理・・・。
襟ぐりは鎖骨が程よく見えて、かつ開き過ぎていないようにこだわりました。

DSC_0085-1.jpg

後ろはこんな感じ。
布は、C&Sさんのやさしいリネン木いちご。あのワンピースを解体しました。
大好きな布をたっぷり使ったのに、実はあまりの似合わなさでこの夏4,5回しか袖を通さなかったのでした。
かなり無駄にしちゃったけど、それでもこの方がきっと布も喜んでるはず!!
着心地もとってもいいです。


DSC_0144.jpg DSC_0135.jpg

あと悩んだのがボタン。
手持ちにある白いものをつけていったん完成したのですが、
せっかくの微妙な木いちご色が真っ黒にしか見えない気がして、黒いシンプルな貝ボタンに付け替えました。
布が主役のシンプルなブラウスにしたかったので、やっぱり黒にしてよかった。


しかーし、久々に頭使って頑張った割には、満足度70%。
作りたかったもののイメージからすると見頃や袖のギャザーががふんわりしすぎ。
せっかく後ろ開きにしたのにボタンなしでも着脱できると言うオチつき。
あーもっとパターンをいじれる知識が欲しい。
実はこれ試作で、うまくいったら本番布で作ろうと思っていたけど、力尽きた・・・。


DSC_2630.jpg

こちらも私のもので、。クルールさんのレイヤードタートルネックのパターンです。
布もクルールさんでモダール92というもの。すごく人工的な印象ですがモダールって天然繊維なんですね。
とろっとろでちょっと扱いに苦労したのと、首もとのくしゅくしゅがボリューム不足に感じました。
別の布でもう1枚くらい縫ってみようかな?

とは言いつつ、MUJIで買ったオーガニックコットンのタートルが今一番のお気に入りです。
お値段も肌触りもパターンもかなり満足。とにかくタートル大好きー!





ひょんなことがきっかけでお誘いいただいた里山保育。
親子5人で見学がてら参加して来ました。

DSC_2783.jpg
スリル満点手作りブランコ!

DSC_2727-1.jpg DSC_2707.jpg
上: 息子がけのぼりに挑戦。上りきると、左側の傾斜をズボンで滑って降りてくるという・・・
下:蚊対策のためシャツインザパンツにて焼きマシュマロを食すアリ。

DSC_2793.jpg 
延々と順番を変わりながらブランコしているオチビ二人^^

DSC_2729-1.jpg DSC_2700-1.jpg
遊び場に行くまでは結構急な傾斜もあって、息子が転がり落ちるかヒヤヒヤしました。
見たこともないきのこもにょきにょき~。

DSC_2797-1.jpg DSC_2663-1.jpg
さー帰るぞーと言って歩き出しても道草し放題。
巨大でんでんむしやきれいなテントウムシを見つけました。

DSC_2703.jpg
きれいなオレンジ色のからすうりを割ると種がカマキリの顔みたい。
握り締めてる竹笛もつくってもらったものです。


蚊が沢山いてさされちゃったのがちとかわいそうでしたが、
それでもお構いなしに子供たちは皆泥んこになってきらきらした目で遊んでいました。
もうその何でもありな自由な雰囲気に我が家は圧倒されっぱなし。
付き添いで行った私も普段とは違う心地よい疲れでぐっすり眠れたのは言うまでもありません。

主にお父さんたちが当番制でやっている自主保育のサークルなのですが、
大人たちの子供を見守る目がとっても優しくて。
親として私もとってもいい刺激を受けました。
また都合をあわせてぜひ参加したいな。





DSC_2655.jpg

あまった布で次女のおぱんつ。

これ、確かに端切れ処理にはなるけれど、ロックだけで出来るものでもないし、ゴム通しも3箇所と、
決してあっという間にできるというタイプのものではないです。
が、せっかく肌触りのよい布が余ったので作りました。
こんなに小さくてうちのぽっちゃり娘に大丈夫かいな?と思ったけど、実際はいてみるとちょうどよくて。
まだまだ本当に小さいんだなぁって実感します。

トイレトレーニングは、夏の間にいつの間にか終わっていました。(夜はまだね。)
三人目ともなると親のほうも非常にいい加減でして、初夏に保育園の先生から声をかけていただいて始めました。
一通り失敗もしたけど、今振り返るとスムーズに行ったほうかな。
夏の旅行中もほとんど失敗なし^^

本人曰く、もう補助便座も要らないそう。
「アリたんも!!」 が口癖の彼女、
姉、兄と一緒がいい!というのがいいモチベーションになってるみたいです。

DSC_2624m-1.jpg ドラえもんの絵描き歌を熱唱中。

これは去年縫った長Tのサイズ違い。
三人おそろいで縫ったのだけど前年比からの伸び率ナンバーワンの次女だけサイズアウトしたので。

いつの間にかお着替えも上手になって、
「ねーママ、これどっちがまい(前)~?」 って洋服の前後のしるしを聞かれることも少なくなりました。
寂しい、けど嬉しい。


 + + +

気づけばもう10月も半ば。
アリが喘息で入院したのが去年の10月なので、ずっとずっと、10月がまたやってくるのが怖かったのです。
厳しい残暑から急に涼しくなったりと、とりわけ気温差が激しい今年は、毎日気が気ではありません。


それでもたまにヒューヒューすることはあるものの、ひどい発作もなく1年過ごたことに感謝です。
ずいぶん体力がついて長い距離をお散歩することもできるようになったし、
ふと喘息持ちであることを忘れてしまいそうになるくらい。

外遊びが気持ちいい季節を一緒に楽しもうね!





まだ日中は半そででも大丈夫ですが、今のうちにと子供たちの長袖を縫い始めました。


DSC_2647.jpg


まずは長女にタートルを。
フレンチフライスのマカロンとネイビーの花柄のフライス。
タートルのパターン、今年はC&Sさんのにしました。

DSC_2658.jpg


もう一枚はふわふわの接結ニットでスクエアネックのTシャツを。
襟はレースにしようか悩んだけど、リバティ風のスパンフライスにしてみました。
私のものを縫おうと買ってあったカーキ、やっぱり地味だったかな?と思ったけど
あったかくて、かわいいよーと言ってくれました。よかった。
(フレンチフライスもカーキもそのままの色をとるのに苦労しましたっ。)


DSC_2666-1.jpg

こちらは息子ので、C&SさんのNicholaという名前のボーダー。
すごく気に入って買ったのだけど手持ちにあまりにもボーダーの布が多すぎて出番が遅れました。

前後のしるし、何か付けようか迷ったけど、そろそろそういうのも卒業して欲しいので
首の後ろのタグのみで様子を見ます。
どうせ印つけても前後反対に着てること多いし。


DSC_2616.jpg


最後は息子の長T。初めてすてプリンしてみました!
ちょっとはみ出ちゃったところもあるんだけど、まぁまぁイメージどおりのものが出来たかな。
アクリル絵の具、青にしたんだけど布にしみこんだらネイビーになっちゃいました。それはそれでよし。
とりあえずネットにもいれず1回普通にお洗濯しても、大丈夫でした。


DSC_2623.jpg


左腕につけたこのワッペンは某布屋さんにおまけでいただいたもの。
調べたらアイスランドの国旗とのことなので、前面に首都の名前を入れてみようと思い立ちました。
日本で言うところの日の丸&東京!のベタな組合わせ。ぷぷ。

何度も何度も「アイスランドだよ」って教えたのに、
息子は「ママ、これはピューロランドの旗だよね?」と。
もうほっときます。


とりあえず長袖は数がそろったので、次はボトムス追加かな。と思ってたら
次女が「ありたんにもおようふくちゅくって!(怒)」と暴れてるので、
末娘編に続く・・・。





このワニ君、随分前からブログを見てくださってる方には分かるかな。

DSC_2511.jpg

息子が3歳のときに作ったパーカーを次女用にリメイクしました。
首が苦しかったのでトレーナーにして、裾リブは長めで。
男の子っぽい色だけど、次女は喜んでくれました。

あなたがアンカーだから、いっぱい着てね。


DSC_2504.jpg


これは長女が3歳のときに沢山縫ったニットパンツ。
かれこれ5年もたち三人目ともなればもうよれよれです。
でもこの2本だけは私の思い入れがあってどーしても捨てられなかったので
息子があけた穴をふさいで、せめて保育園の着替え要員にでも。


DSC_2303_20101001194220.jpg


息子のブーツカットパンツ。
いい感じのダメージだわーと思ってみてたらどんどん穴が広がってっちゃって・・・。
すきま風が寒そうなのでふさふさを残しつつ、裏から当て布して周りを手縫いでちくちく。


DSC_2500.jpg DSC_2516.jpg


この二つは私の着なくなった服を長女サイズにリメイク。
いやー、やってみて自分でびっくり。長女ほんとに大きくなった!
同級生で婦人のSサイズを着てるお友達もいるとか・・・。

左はウエストをゴムで縮めて丈を短く。
右は既製品、袖を縮めて襟にゴムを通して。

あとは長女のひざに穴が開いたスパッツを短く切って次女用にしたりもしました。
失敗を恐れずジョキジョキ、ダダー!って。
リメイク、楽しかった~。


 ***

随分涼しくなって、この季節長袖に袖を通すときのなんともいえない感じが大好きです。

でもそれと同時に衣替えの時期はいつも子供3人の長袖と半袖が入り混じって洋服があふれかえっていて
それがいつも本当に憂鬱です。

その原因のひとつは私の無計画なソーイングにあることには気づいていたので
今シーズンは新しいものを作る前にこうしてリメイクや補修をしながら作戦を考えました。

小学校も保育園も制服がないからある程度の枚数は必要だけど
もう次女のトイレトレーニングもひと段落したことだし、これからは枚数をもっと減らしていいのかなと。

それにお古もちょっと考え物で、
うちの子供は女→男→女なので、長女→次女の間に5年もインターバルがあるわけで
保存も場所をとるし、出してみたらシミがついてて結局着れない状態になっていたこともあって。
お古にできないくらい着倒してもらうのが理想ですね。


・・・とこんな感じでひとりでぶつぶつと決意のようなものをしたところで
子供たちの長袖をぼちぼち縫い始めています。
まーこちらもリメイクに負けず劣らず楽しいわけなんですが^^。





DSC_2446.jpg 尻尾、これでも地味なほうでした!

子供たちの運動会がおわりました。

小学校のほうは去年より落ち着いて楽しめたかな?
やっぱり高学年のほうになるとさすが演技も徒競走も迫力があって、見ていて楽しめました。
うちの子たちがあんな大きなお姉さんお兄さんたちのようになるのもきっとあっという間なのかも、なんて思ったりして。

朝のお弁当作り、今年は朝からから揚げがんばりました!
お恥ずかしいことに去年は何だか全然余裕なくってすごい手抜きした記憶が。
親のほうもこうして少しづつ小学生の親として慣れて行くんでしょうね。

DSC_2548.jpg 日ごろの逃げ足の速さを発揮


保育園のほうも、今年は息子も年中組ということでちゃんと歌って踊って走ってを楽しみました。
去年はひたすら固まっていた次女も、今年はちゃんと笑顔で楽しんで参加していたし。

かれこれ長女が1歳のときから保育園の運動会に出ているので我が家もこれで8回目!
毎回毎回、子供たちの成長を感じられてじーんとしてしまいます。
我が子がお友達と一緒に成長しあって行く様子を見られるのはとっても幸せなこと。
そんな場を作ってくださる先生たちに感謝、感謝です。

来年は息子が保育園最後の運動会。
年長さんはリレーがあります。どきどきするだろうなぁ・・・。






| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 Nina-Radio, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。