上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






久しぶりにDVDを借りて面白かったので記録。

ルビー・スパークス [DVD]ルビー・スパークス [DVD]
(2013/04/24)
ポール・ダノ、ゾーイ・カザン 他

商品詳細を見る


劇場公開のときからずっと見たかったRuby Sparks!
設定そのものにはリアリティはないのですが、男の子の草食系っぷりも程よく好みで(私の)女の子もめちゃキュートで、うまくいって欲しいなーって思いながら見てました。この二人は現実でもカップルなのだそう。
ひそかに両親にアネット・ベニングと アントニオ・バンデラス。濃ゆい。
話もなかなかよく出来ていて、大人のファンタジーって感じです。最後に希望があるのがよかった。
こういうのって最後、変な余韻残すの多いじゃないですか?
これは見たあとハッピーな気分に慣れる映画でした。
主人公の女の子(ゾーイ)が脚本を書いているそうです。かわいいだけじゃない!



テイク・ディス・ワルツ [DVD]テイク・ディス・ワルツ [DVD]
(2013/03/02)
ミシェル・ウィリアムズ、セス・ローゲン 他

商品詳細を見る


こちらも設定は非現実的。
だって一人で旅行行って知り合った青年が格好よくっていきなり独身でフリーでいきなり相思相愛になっちゃって、実ははす向かいに住んでたとかってありえないじゃないですか。
そんな無茶な設定なのだけど、ほかの部分が妙にリアリティがあって映画としては楽しめました。

たとえば自宅でのトイレのシーンとか、ジムの女子ロッカールームとか、びっくりするほどそのまんまです。それでもいやらしさは無く、全体の色彩がとってもきれいだし、町並みやインテリア、着てる洋服なんかがいちいちかわいいんです。あくまでも普段着でリアリティがある素敵さ。
主人公はミシェル・ウィリアムズって私今まで知らなかった女優さんなのですが、きっとこの映画の雰囲気は彼女によるものでもあるんじゃないかと思います。

そして脚本も秀逸。二人がデートの後別れがたくって言うせりふとか、くー!となっちゃいました。
思わず巻き戻してメモったけど・・・よく考えたら使うあても無いせりふでしたわ。
(Script全部載ってるページ発見(英語)。→☆)


***

ほかにストロベリーナイトとかモテキとか邦画も面白いのありますねー。
なかなか映画館にはいけないけど、たまに現実逃避できてナイスです。
あ、この夏次女とモンスターズユニバーシティは見に行きました^^
スポンサーサイト







| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Nina-Radio, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。